どれだけ清潔に洗顔しても毛穴は塞がってしまう・・・ってお困りの方へ。

この前もお伝えしたように、毛穴にとっては詰まりやすい状態というのがあるものです。

こんな風に角栓が詰まってしまう場合に、おすすめできない「やってはいけない毛穴ケア」を見ていただきます。

ピーリングを毎日使う

ゲルが角質を密着してポロポロとれるタイプのピーリングの大抵は、週1~2回を勧めていることがほとんどです。

毛穴の汚れや角質を取り除いてくれますが、常に行なうと新陳代謝の方が間に合うことなくお肌が炎症を発生させてしまうケースも!!

どれだけ美しくなるからって、絶対に連日行ってはよくありません。

バリバリはがす「無謀毛穴ケア」

剥がすパックとかで、バリっとはがすと、ビッシリと角栓が取れて、すごくすがすがしいですよね。

何と言っても、取れている角栓が見えるから、「取ったぞ!」といったことで心が満たされるでしょう。

しかしながら、これに関してはお肌がデリケートな人にお勧めすることができない方策です。

ほんとうはがれる予定じゃない角質がはがれて肌トラブルが起きるケースも。

強制的に引っこ抜く結果となるから、より一層毛穴が広がってしまうのです。

絶対に後ケアにおいては、毛穴引き締めの化粧水やパックをしてください。

無理やり毛穴ケア

実際のところこれこそが最もハイリスクって知っていましたか?

あなた自身が強制的に角栓を取ると、毛穴の周辺のお肌を傷付けてしまうケースもあるワケです。

そういったキズや内出血というのは、色素沈着が発生するケースも。

加えて毛穴に関してはより一層広がり、さらに詰まりやすくなると思われます。

角栓除去というのは美容皮膚科でも実施してくれるようです。

あなたがご自身で押し出さず、美容皮膚科やエステサロンにお伝えくださいね。

失敗毛穴ケアで起こる現象と対策とは?

前述のような単発的にサッパリする「やってはいけない毛穴ケア」というのは、予想外の肌ダメージをもたらしてしまう時もあるようです。

失敗毛穴ケアに思い当たる節がある方は、このようなトラブルにお悩みだと思います?

これからでも遅くない!原因と対策法をお伝えいたします。

毛穴の色素沈着(シミ)

強制的に剥がす・体外に押し出す強い刺激や、それによって乱れたお肌に対する直接的な強い陽射しが影響を及ぼして、メラニン色素が過剰分泌・蓄積されてしまうことがあるものです。

これがこのような毛穴の色素沈着(シミ)。

角栓を剥きとっても押し出しても消えることがない毛穴の黒ずみというのは、これが発端です。

【対策するなら】

行なっては駄目な毛穴ケアを控えるっていうのは言うまでもないことですが、荒れたお肌を保湿対策し綺麗にし、美白化粧品を用いて美白ケアをやるケースも必要不可欠になってきます。

強い陽射しを防御するために必要な日焼け止め対策だけじゃなく、色素沈着をストップさせる美白有効成分ビタミンC誘導体配合のコスメがオススメです。

ビタミンC誘導体というのは美白効果ばかりか、皮脂の過剰分泌と酸化を抑止する役割も果たします。

クレーター毛穴

毛穴が目づまりを起こす→強制的に引っこ抜く…を繰り返していると、やがて毛穴の入口が開き、クレーター状に広がって目立つようになってしまうのです。

【対策するなら】

毛穴の広がりについては保湿対策が必要不可欠です。

お肌をふんわりさせるAPPS(高浸透ビタミンC誘導体)含有のコスメがイチオシ。

盛り上がったお肌に押された毛穴に関しては、小さく目立ちづらくなると言えます。

そのうえでお肌の溝・シワが減少するから光をよく反射するようになって、毛穴の影だって目立ちづらくなるはずです。

まとめ

どれほどスキンケアを実施していたところで、食事内容がクタクタであればきれいな肌というのは望めません。

お肌に良い栄養成分を心がけ摂り入れることを意識しましょう。

毛穴ケアに実効性がある栄養成分に関しては、ビタミンCやB群、H(ビオチン)など。

ビタミンCに関しては過剰な皮脂分泌を防止し、コラーゲン生成・メラニンの分解をサポートします。

抗酸化作用も高く、美容の万能ビタミンになります。ビタミンB群であっても、過剰な皮脂分泌を抑制してくれるでしょう。

ビオチンというのは、お肌の新陳代謝を修正し、コラーゲン生成を促進させます

反対に、脂質と糖質の摂り過ぎにおいてはご用心を!スキンケアこと以外に、食べ物を通してもきれいな肌を求めてたいものです。