顎周辺というのは人目を引くから、にきびができちゃうと憂うつになりますよね。

心配になってしまって、知らず知らずに触れてしまうのでに、完治しづらくなってしまうことも。

このページでは、顎”にきび”が発生する原因とその対策法に関しまして見ていきたいと思います!

あごニキビが出来る原因は?

まず始めに、あごニキビができる原因を見ていきましょう!

皮脂の詰まりが原因かも!?

顎のまわりというのは汗腺が多くないから、乾燥しがちなパーツになります

それとは別に、皮脂腺がたくさんあることにより、皮膚の水分が不足していることを補足しようとして皮脂分泌が過度になりかねません。

そうすることで、毛穴に皮脂が目詰まりやすくなってしまうから、意外とにきびができやすいポイントだと言ってもいいでしょう。

さらに、炎症が発生して症状が悪化しやすいといわれる場所で、一回きびが出来てしまうと、治りにくかったり、再発しやすかったりするケースが少なくありません。

生理前は要注意!

顎”にきび”が発生する原因に悪い影響を及ぼしていると言えるのが、ホルモンバランスの崩れになります。

皮脂分泌が過度になることが多い思春期にくらべて、ストレスや睡眠が足りないこととかでホルモンバランスが崩れやすい大人になってからの方ができやすいと言われているようです。

とりわけ女性は、月経などによって絶えずホルモンバランスが違っています

生理前に分泌される黄体ホルモンというのは皮脂分泌を活性化させる役割りがあるから、黄体ホルモンがたくさん出てしまうと、皮脂が極端に分泌されてしまうのです。

スキンケアにも気をつけて!

にきび対策法に絶対不可欠な洗顔なんですけど、皮脂を取り過ぎることも良いとは言えません

とりわけ、顎に関しては乾燥しやすいパーツですので、洗顔をやりすぎると皮膚を守っている皮脂が足りなくなり、乾燥が勢いを増します。

そうすることでお肌を防御しようとして、より一層皮脂が過剰に分泌されると考えられます。

おかげで、皮脂が目詰まりやすくなってにきびが起きる原因になってしまうことも。

さらに、手で触れてしまったら、手についている細菌や汚れが要因となり、炎症が悪化してしまいます。

顎にきびにはリラックスがいちばん!

顎のにきび対策で頭に入れておいてほしいことは、ホルモンバランスを整えることが必須です。

そうするためには、ストレスが発生しない感じに、リラックスすることが欠かせません。

お風呂にのんびりと浸かったり、マッサージを行ったりしてみたり、気分が良く思う時間をつくることを意識しましょう

更には、強くストレスに襲われる時期に関しては食事内容が偏ってしまって、お肌にとっては負担を掛けるケースもあるから、栄養配分が充実したご飯に気をつけてたいものです。

とりわけビタミンB2というのは皮脂の分泌を抑制する役割りがあるから、ビタミンB2をたっぷりと含む納豆やレバーなどを意識的に盛り込むとか、健康補助食品で補給するみたいなことが何かと便利です。

ほかにも、乾燥しがちな顎のスキンケアによっては保湿ケアが必要不可欠です。

洗顔後、化粧水とかできちんとお肌に保湿を与えたほうがいいでしょう。

肌のバリア機能が正常化され、にきびができづらくなると言えます。