顔のシミを分からなくしたいならば、シミのタイプや種類によりコンシーラーをうまく利用することが重要です。

決定方法ややり方を失敗すると、一層シミが目立ってしまうことだって・・・。

シミ隠しに役に立つコンシーラーのセレクト方法と、活用の仕方をご紹介します。

隠したいシミはどんなシミ?

シミのタイプが違えば隠し方は全然違うから、とりあえずはあなたのシミがいずれに該当するのか、チェックしてみていくことが重要だと思います。

シミのタイプとそれにピッタリなコンシーラーの種類をお伝えして行こうと思います。

老人性色素斑

老人性色素斑というのは、今まで浴び積み重ねて来た日光の紫外線ダメージの積み重ねによって起こるシミになります。

薄茶色から割と黒っぽい色のタイプもあって、輪郭が明確になっていることがポイント。

この出現の形というのは基本的には左右対称ではなしに、日光を浴びやすい顔や腕、デコルテ、手の甲なんかに40歳前後から増加することがよくあります。

そばかす

多くのケースは親御さんの遺伝が影響しているもので、3歳前後より思春期にかけて出てくる特徴が。

直径数ミリくらいのちっちゃい丸いシミで、頬や鼻の周りなんかに集中して出ることが独特です。

一般的に言うと、思春期をすぎると消え去ってきますが、成人しても残存しているケースだと、日光の紫外線ダメージや寝が足りないこと、ストレスといった日頃の生活に影響を受ける波紋も見受けられます。

ニキビ跡

ニキビのむくみが安定した後に発生する褐色のシミで、歳とは関係なく出現します。

この理由は、ニキビが発生した場所に赤みが残存している際に紫外線ダメージをうけ、メラニン色素が密着することに影響を受けるもの。

顔だけに限らず、ニキビが引き起こされるところであったならば身体全体に出てくる可能性も考えられます。

肝斑(かんぱん)

頬骨の周辺に、左右対称に同程度大きさ、形で出てくることが大半です。

輪郭はくっきりとしてなくて、広範囲にボーっと見られる種類のシミになります。

ひたいや口の周辺にも出てくる可能性もあります。30~40歳代の女の人に発症しやすく、50歳代後半になると治まってくるイメージが。

この理由は、妊娠や精神的ストレスといったせいで、女性ホルモンのバランスを崩す事態に影響を受けたものと言われています。

シミに合わせたコンシーラーの選び方

次いで、ひとつひとつのシミ状態にあうように、いずれの種類のコンシーラーが一番最適なカバー力を発揮するのかを見ていきたいと思います。

コンシーラーの種類

コンシーラーの種類は主として次にあげる5つがあります。

それぞれの形状、固さ、活用法、使い勝手をお伝えいたしますので、あなたの肌悩みをクリアしてくれる理想的な物を探してくださいね。

スティックタイプ

口紅と同様の感じのスティック状の形をしています。

クリームタイプの種類と比べて固い質感で、塗布した部位のお肌にピタリと付着するから、シミやニキビ跡をきちんとカバーしたい際にピッタリです。

しかし厚塗り感が生じやすく、油分が少ないからお肌が乾燥しがちな傾向にもあるので、塗りすぎにはお気を付けください。

パレットタイプ

1色だけのものも存在しますが、何色か濃さの違うコンシーラーが含まれたものの方がたくさんあります。

これは、組み合わせて自分だけのスタイルの色あいに調整できるといった長所があるのです。

カバー力はスティックタイプと同一のぐらい在って、崩れづらいことがポイント。

しっとり質感ですから、目の下のクマや大きなシミというものを、広範囲にわたってカバーしたい際に何かと便利です。

明るい色味ことは、ハイライトとしても活用すると目の辺りを明るくすることも不可能ではありません。

筆ペンタイプ

リップグロスみたいに先がチップ状になるタイプや、筆ペンタイプのものが見られます。

リキッドファンデーション同様みたいな手触りになります。

スティックタイプやパレットタイプ並みのカバー力はないですけど、お肌なじみがよく自然のままに仕上げやすいことがポイント。

薄めのシミやニキビ跡をカバーするのに何かと便利です。

ペンシルタイプ

スティックタイプと比べて油分が少なくて、硬くて細いタイプのコンシーラーになります。

1番簡単に付けることができて、ちっちゃい濃いシミをカバーするのに手軽。

口の辺りのライン補正や、目の辺りのハイライトにしても使用できる以外、先が細いからちっちゃいニキビをカバーするうえでも理想的です。

パウダータイプ

重ねづけしてみても厚塗りになることもなく、お肌にきちんとフィットしてくれるコンシーラーになります。

とりわけカバー力は劣りますが、塗り付け直しが極めてシンプル。

化粧下地の上からでも、シミやニキビ跡にパウダーをトントンといったせるだけのことで、厚塗り感なくカバーすることが出てきます。

まとめ

今日お伝えしたやり方により適切なコンシーラーをセレクト、理想的な用途をしたなら、シミを隠すっていうのは完璧に可能だと言えます。

しかしながら、濃いシミを隠そうとして厚塗り感が出てしまうほか、メイク崩れしやすく化粧直しが大変になったりとか、問題を発生させやすいもの。

コンシーラーでお肌をカバーしつつも、常日頃から日焼け止めとかで日光の紫外線を避けたり、ビタミンCのサプリを採用したりするとか、きれいな肌対策をサボらないことを意識しましょう。

さらに、美白効果が見込めるビタミンC誘導体の含まれたコスメも適切だと思います。

通常のお手入れを大事に、シミが生じないお肌を目指したいものです。