お肌にとっては身体の調子がよく出ると言う意味は、女性の方だったらどんな人でもわかっていますよね。

ところが、毛髪とからだの関係性に関しては、大勢が考えた経験がないだろうと考えます。

正直なところ、肌にはすぐ映し出すことに対し、髪に出るのは何か月後という考え方がたくさんなので、臓器の不具合や異常が髪に表すっていうのは考えられないケースがあります。

ところが、「髪は内臓の鏡」と言われています。その理由と、改善方法に関してお伝えしていきましょう。

髪トラブルの発生は内臓悪化のサイン!?

なかなか髪の毛が上手にまとまらない、ぺしゃんこが起こる、枝毛や切れ毛が増加した…このような髪トラブルにどのように手を打っているのでしょうか?

多くの方は、シャンプーを変更したり髪の洗い方を追究したり、ドライヤーやヘアアイロンをできる範囲で活用しないことを意識したり…って、髪自体のケア方法をチェンジしますよね。

しかしながら、それで髪の様子というのは改善されたと思いますか。

言うまでも無く、髪トラブルのほとんどはこのようなケア方法のミスが起因ですから、それで正常化するケースも多々あります。

しかしながら、気を配っても正常化しない、または美容院でトリートメントというものをやってもらっても一回洗髪したらふたたび当初のトラブルへアに…ということが発生するようになると、これは毛髪の問題ではなく、カラダに原因がある確率が高くなっていくのです。

ここにきて「髪は内臓の鏡」と考えられる様に変わってましたが、実際のところ同様なことは昔から中国で言われてきたのです。

「髪は血の余り(血余)」「髪は腎の華」っていい、身体の中に栄養成分を届けた後の余分な血液が髪に届けられる、腎臓が健やかな際に髪も元気になる、ということを指します。

わかりやすく言うと、血行や内臓状況が邪悪ければ髪トラブルになってしまう、つまるところ、カラダの元気それ自体が髪の健康訳なのでありますね。

内臓機能の改善は生活習慣と食事の見直しから

髪のためだけに限らず何歳になったとしても健やかでいることを目標に、内臓の機能を向上させるっていうのは非常に大事です。

日頃の生活とご飯を改善することによって内臓を活発化させ、髪トラブルもストップさせることが大切です。

睡眠をしっかり取る

内臓疲労のリカバリーにとりわけ作用があることが、質のいい申し分ない睡眠になります。

 内臓の働きは脳が制御していて、脳が十分休まなければ内臓の疲労感も元通りになりません。

脳が十分休養していることはノンレム睡眠といわれる場面で、普通寝入り後30分~1時間使って最も深いノンレム睡眠になって、成長ホルモン87がたっぷりと分泌されると考えます。

成長ホルモンについては細胞を修繕したりターンオーバーをスムーズにしたりする効用があって、内臓や頭皮の細胞もこのようなホルモンにより成長してるのです。

この後は脳が目を覚ましているレム睡眠とノンレム睡眠が代わる代わる訪れ、段々レム睡眠の時間が伸びはじめ目を覚ますワケです。

ストレスを貯めないようにする

これに関しては良質の睡眠においてもダイレクトに影響しますが、ストレスは交感神経を常時活発化させてた状況にするので、簡単には睡眠できなくなります

さらに、交感神経が活発化している際は血管が収縮しているから、末端組織である頭皮については血液が届きづらくなっていくと思われます。

仲間と喋る、カラオケで思う存分歌う、動物喫茶店でアニマルと触れ合う、森林浴を行なうとかで、ストレスを切り抜けることを意識しましょう。

アクティブレストを行なう

アクティブレストっていうのは、エクササイズをすることによって疲労感や不具合を改善することを意味します

運動することにより血の巡りが回復すると、身体中に血液が浸透することになるから、内臓の働きも正常化されてくるのです。

さらに、健康体作りにより新鮮な酸素が身体の中に行き渡ることから、細胞のターンオーバーが促進され、内臓の不具合や疲労感が丈夫になりやすくなるそうです。

アクティブレストというのは心地いいと思う運動をやっていけばOKなので、ストレッチや散歩、ランニングだったり、ストレスが起きない運動をやりたいものです。

バランスの取れた食事をする

内臓を健康的にキープするっていうのは、バランスが良い食事を食べることだって極めて重要です。

糖質や脂質、タンパク質というのは生命維持に役に立つエネルギー源と言えます。

さらに、内臓の元となる細胞の主成分というのはタンパク質なので、足りなくなると内臓の機能が衰えてしまいます。

不足気味のビタミンやミネラルというのは、消化吸収をサポートし、血の巡りを改善し、肌を健やかに持続する役割があります

さらには、消化酵素や代謝酵素の補酵素という視点でこのような働きを促すため、生命活動に絶対必要なものと言えます。

これ以外に、タンパク質を髪のケラチンタンパク質にするためには、ビタミンB群や亜鉛の力を欠かせません。

和食に関してはこのような栄養素を数多く含み、おまけにお腹にストレスをかけづらいから、意欲的に摂り入れることを意識しましょう。