ほおや鼻といった、気にかかる毛穴の開き。

角栓が出来たり化粧下地が毛穴落ちしたりすると、ますます際立ったりすることも。

毛穴の開きは女の人にとって非常に大きい苦悩じゃないでしょうか。

毛穴が開く要因と対策をおさえて、接近戦においても自信がもてるお肌を期待したいものです。

毛穴はなぜ、開いてしまうの?

毛穴は、お肌の奥深いところから成長する体毛を包む毛包管が、肌表面で開いたもの。

毛穴については、皮脂を分泌する皮脂腺が必ず付いてきます

顔はとりわけ毛穴の数が普通で、毛包管も皮脂腺も大きいことがポイント。

それでは、毛穴というのはなんのために開いてしまうのでしょうか。

皮脂の過剰分泌

皮脂の分泌量というのは思春期より増加し始め、20代はじめの頃で山場になります。

さらに、気温の上昇やバランスが取れない食事内容だったり、たくさんの原因が積み重なって皮脂の分泌量が過度になってしまうことも

すると、皮脂により毛穴の出口が押し広げられちゃうワケです。

皮脂というのは元来、汗と互いに作用しあって皮脂膜となって、お肌の乾燥を阻止してくれるもの。

しかしながらやたらと分泌されると、ベタつきやニキビであったり、肌荒れが起こってがちになっていくのです。

肌の乾燥

お肌の一番外側にある角層から水分が無くなれば、紫外線や細菌といった外的刺激からお肌を防御する「バリア機能」がダウン

そうするとお肌というのはバリア機能をカバーすることが原因で、皮脂を過剰分泌させるケースがあります。

肌のたるみ

本当は丸い形をしている毛穴なんですが、お肌がたるんでしまったら、ほおの毛穴がタテに伸びて際立つ様に。

たるみにともなう毛穴の開きは、しずくみたいな形態がポイント

ほおを指でピッと引っ張ったら毛穴が目立たなくなるケースでは、たるみが原因だと言えそうです。

毛穴の開きを目立たせないための対策とは?

ひとたび開いてしまった毛穴ですが、投げ出さずに手入れして見えないようにしたいものです。

洗顔と保湿を基本にして、原因別の対策法を組み入れていきましょう。

過剰な皮脂を抑える

過度に分泌された皮脂というのは、当日中に除去することが肝心

朝と晩、洗顔料をよく泡立てて、皮脂汚れをスッキリと洗い流してください。

ですが1日に何回も洗い流したり、ゴシゴシお肌を擦るみたいに洗ったりすることはダメ。

お肌が乾きし、皮脂の過剰分泌から毛穴の目立ちへとむすびついてしまうようです。

うるおいを踏まえて汚れをスッキリと低減する洗顔のキーポイントは、たっぷりの泡。

泡が汚れを包み込むことによって、お肌をこすらずに減少させることができますよ

水かぬるま湯をちょっとずつ足しながら、手を逆さにしても下がらないほどまでよく泡たてましょう。

肌をしっかり保湿する

乾燥を阻止して角層のバリア機能をキープするには、入念な保湿ケアが重要

常日頃のスキンケアでは、化粧水と乳液を順にお肌になじませ、水分と油分の最適化を整えたほうがいいでしょう。

とは言っても乾燥が心配なケースでは、美容液やクリームというものを足すことだってピッタリです。

その一方皮脂が多い方というのは、ベタつきが心配になって化粧水オンリーで手入れをすませたり、乳液の量を少なくしたりと、自分流肌ケアをやっている方もいるのでは? 

化粧水と乳液というのはどちらの方もきちんと用量に従って塗りつけることによって、うるおいがキープしやすくなっていくのです。

ベタつきが不安な人は、あっさりタイプの乳液をセレクトしてみたらいいと思います

「さっぱり」と「しっとり」の違うところは、お肌につけた時のさわり心地なのです。

保湿効果に大きな差はありませんので、好きなタイプをチョイスしてほしいです。

表情筋エクササイズを行う

お肌は上から順番に表皮、真皮、皮下脂肪で成り立ちます。

表皮を支える真皮のメインの構成要素は、弾力性のある線維状のタンパク質・コラーゲン。

年をとるにつれて共通してコラーゲンが減ったり、紫外線により変性したりすると、弾力性が奪われてお肌がたるむと考えられます。

化粧水や乳液が浸透するっていうのは、表皮の最も外側にある角層まで。

真皮には行き渡りません。その為に試してほしいのが、皮下脂肪の下にある表情筋の運動。

表情筋がやせてしまうと、皮下脂肪がサポートされずたるみに結びついてしまうのです。

しかしながら、表情筋はカラダの筋肉と一緒で、普段からよく動作させることによって鍛え上げる事が不可能ではありませんよ

お肌に弾力性をプラスしながら、豊かな表情も引き出してくれることでしょう。